日本でラーメン屋さんになるということ-海外の反応

東京都葛飾区京成高砂駅前にあるラーメン屋
”麺心國もと”の舞台裏を映したミニドキュメンタリーです

↓【動画内容ざっくり要約】

店主の国本さんは毎日8時から23時まで働きます。
彼は昔営業の仕事をしていました。
自分が作ったものでお客さんを喜ばせたかったので脱サラしてラーメン屋をはじめました。
別の店で4年半修業した。
ラーメン屋になって嫌なことはない。

店を任せられる人がいたら雑用をやめますか?と聞いたところ、「その人に2号店を任せて僕はここで働く」と言っていました。
店主の国本さんは誰よりも早く店に来て誰よりも遅く帰ります。

 

以下海外の反応です。

海外の反応@ちょっとさんぽ
長時間働いた後なのに、笑ってる

↑それが日本人だ。
彼らはとても忍耐強い

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
彼の様な人が日本を支えているんだ。
電車を走らせ、道路を作り、街に明かりをもたらせている他の大勢の労働者においしいご飯を提供して日本を支えているんだ。

↑そうだな。
兵士や政治家ではできないことだ
彼の様な人々が世界を回しているんだ。

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
先週このラーメン屋を訪れたよ
期待を軽く超えていったね
めちゃくちゃ旨かった😭

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
日本人は地球上で一番仕事熱心だね
尊敬するよ

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
うずまきナルトが居そうな店だね

↑私もナルトの一楽ラーメンを思い出したよ。

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
この店主は金持ちじゃないけど幸せそうだ
人間ってこうあるべきだよ

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
私は13年間日本に住んでいました。
この様な日本人の生き様にいつも感嘆します。
日本人は人生において勤勉が重要であり、名誉であることを理解しています。
戦争の廃墟から日本を築いたのは、この様な謙虚なラーメン店主のような人々です。
彼の幸せを願います。

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
なんて過酷な労働環境…
彼の笑顔に心が痛むわ
もっと幸せになってください!

↑どこにでも一定数はわからない人がいるんだなー

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
ハードワークがうつや自殺を引き起こすんだ!

↑悲しいけど事実だね

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
これからは週5日の8時間労働で文句言うのをやめるよ

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
どんなことにもプライドを持って取り組む
そしてそれが体現できている
これが日本を愛してやまない理由だよ。

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
情熱をかけた仕事で人を喜ばせられるってのは幸せな事なんだな

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
彼はもっとビジネスを勉強するべきだよ!
社員を雇って自分が働かなくてもいいようにするんだ。そしてもっと家族との時間を大切にするべきだね

↑たぶん彼は従業員を雇おうと思えば雇えるだろう
でも彼はそうはせずに、もっと自分を磨こうとしているんだよ

↑給料が欲しいだけの人を雇うのは簡単だ。
そのかわり情熱をもって仕事をしてくれる人を見つけるのはすごく難しい。
たとえ給料を上げても、問題を起こしにくい人を雇えるだけなんだ。情熱は金で買えないんだよ。
(とある店のオーナーより)

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
落ち込んでるときこの動画を見て人生のすばらしさを感じることにしているんだ。ストレスに悩まされているのは私だけではない。
人生は不公平だけど希望に満ちていると感じるよ。

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
日本語を理解したからまずは日本人の友達を作ろう!

↑往々にして”まずは”ってのが一番難しいんだぜ?

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
東京にいた時に現地の人が行くような食堂に行ったんだ
そこには英語のメニューなんてなかったんだけど
わざわざ私のために英語のメニューを作って持ってきてくれたんだ
日本は温かい人々がいるからとても旅行しやすい国だったよ

 

海外の反応@ちょっとさんぽ
日本は食の天国みたいな国だね
食べたいものを全部食べようと思えば胃が10個あっても足りなさそう

 

以上になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました